ダイヤのよーに。
我が家のにゃんこ達の記録です。時々育児とかタワゴトとか。
私の懺悔
木曜、金曜とお休みをいただいたお仕事に
今日から戻りましたので
いろんな意味で早く平常運転に戻りたいですね。

今日仕事から帰ると
三毛2号もうし君もゴハン待機していて…

ウッシーには逃げられるので(笑)、三毛ちゃんに

うちの子がね、旅に出たんだよ。 慰めてくれる?

と、語りかけても…



ゴハーン!



…だよねw

そしてゴハンを出すと、三毛ちゃんの食べっぷりに…

うちの子も、このくらい食べてくれたらな…

なんて鼻をすすった音にビクッとされました。
ごめんごめんw





さて。

自分への戒めとして、懺悔を書いておきたいので
ここにしたためたいと思います。

私のダークサイドが、たくさん書かれると思いますので
暗い内容を見たくないと思われたら、
引き返す事をお勧め致します。
(今日の記事は、写真がなく文章ばかりですしね…)





今回、ダイヤと一緒に病と闘ってきて
悔やむことが沢山あるのです。



あらゆる事に対して、対応が遅すぎました。

もっと早く、避妊手術の予定を決めていれば!
もっと早く、冷房を稼働させていれば!
もっと早く、輸血に踏み切っていれば!
もっと早く、漢方を始めていれば!

「たられば」で話すのは好きじゃないし
これらをもっと早く行っていたら
必ずいい結果になるとは限らないんだけど
(避妊手術のストレスで別の病気が発症する事もあるし
 酷暑がFIPの引き金になったかどうかも分かりません)

元々白血病キャリアで、病気になるリスクは
キャリアでない猫さんより大きかったんだから
もっと甘やかすくらいがちょうどいいはずだったのに

当時の私は、全てに対して何を根拠に
「まだ大丈夫」と考えたのだろう?

そもそも「猫は砂漠出身の生物だから暑さに強い」とか
「猫は暑いと思ったら自分で涼しい場所を見つける天才」とか
なんでそんな記載を信じた!

というか、今年の夏が異常だって
夏が始まる段階でどうして気づかなかった!



奇跡を信じて闘病する傍ら、
「この闘病生活は、いつまで続くんだろう」
「闘病による制限が、なんでこんなに多いんだろう」
という、愚かな事も考えていました。

そして、飼い主として最も思ってはいけない事を
私は何度も何度も思ってしまったのです。

介護疲れで手をかけてしまう人の気持ちが
少し分かる気がしました。
(そうしようとは絶対考えなかったけど)

ダイヤが懸命に頑張っていると知りながら
そんな事を思ってしまう自分が大嫌いになるし、
その思いそのものも相まって
イライラしてしまう事も少なくありませんでした。

自分で食べなくなって強制給餌を始めて
抵抗しないで食べてたダイヤが、抵抗するようになって
「早く食べてくれ!」とイライラして…

トイレがうまくできなくなってまたイライラして
コロコロと環境を変えてダイヤを困惑させて…



本当に、本当に、最低なママでした。


だから、ダイヤがうちに来て幸せだったかどうかが
私には全く分からないのです。



ごめんね、ダイヤ。






こんな私なので
またいつか猫さんを家族に迎えたい…などと
考えない方がいいのかもしれない、とも思いますが…

闘病期間を含めても、ダイヤといた時間は
本当にかけがえのないもので
幸せがいっぱい詰まっていました。

またこんな素晴らしい日々を送りたいと思うので…

その時にまた後悔するような事のないように
懺悔をしたためました。



どんなに「自分を責めないで」と皆様に言われても
マイナス思考は大得意なのです。

何度でも言うよ。

ダイヤちゃん、ごめんね、ごめんね、ごめんね…

「ごめんね」がいつか全部
「ありがとう」に変わる時が来るかな。

今はまだ、「ごめんね」ばかりが出くるよ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
後悔しないのは絶対に無理だし、
いつまで続くか分からない事柄に苛ついたり、
楽になりたい気持ちは、よほどの人格者でなければ、
誰もが持つ当たり前のことだと思います。
食べ物も食べられず、飲み物も飲めず、
どんどん痩せて苦しそうなコを見ていたら、
楽にさせてあげたくもなると思います。
捨ててしまう人だってたくさんいます。

悪化していくダイヤちゃんから目を逸らさずに
毎日向き合っていたことが立派だと思います。
それでも反省して後悔しているサツコさんにこそ、
また猫を家族に迎えて欲しいです。
サツコさんに迎えられる猫ちゃんは、
本当に幸せだと思いますよ。
2013/10/08(火) 00:31:26 | URL | ぶーちゃん #rkd4Vjqo [ 編集 ]
どんなに頑張ったとしても、
後悔は必ずあると思います。
それは、真剣にダイヤちゃんと向き合っていた証拠ですよ。

まだまだダイヤちゃんの居ない生活に慣れるなんて、難しいのも当然だと思うし...。

後悔したり、可愛いかったなと思い出したりしながら、少しづつ、ダイヤちゃんが居ない事に慣れていくんだと思います。

サツコさんが自分を責める必要なんて無いと思うけれど、サツコさんにとって、現実を受け入れる為に必要な時間なのかもしれませんね。

どんな事でも、ダイヤちゃんを想う事が供養にもなるんだと思います。

なんだか偉そうな事をゴメンなさい。
2013/10/08(火) 00:40:00 | URL | ニャジラくん #- [ 編集 ]
初めて書き込みいたしますね。

私は、まだ、我が家の飼い猫を亡くした経験はないのですが、いつかは必ずあることなので、ここずっと息をつめて、ブログを拝見させていただいていました。

ありがとう、と言う他、言葉がないです。
サツコさんがしたこと、思ったこと全てに感謝の気持ちが湧き上がります。
どうぞ、ご自愛下さい。少しでも悲しみ苦しみの感情が和らぎますように。
2013/10/08(火) 01:05:38 | URL | ももこひなたの家人 #- [ 編集 ]
大切な物を無くして後悔や自分を責めない訳が無い!そうしないといられない時なんですよね。何の力にもなれ無いけど今まで一生懸命で疲れた心が時間と共に癒されますように。
2013/10/08(火) 01:16:15 | URL | おぶたん #/02qLiNA [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/08(火) 01:16:21 | | # [ 編集 ]
ダイヤちゃんは凄いよ!短い生涯かもしれないけれど、たくさんの人の心に残るにゃんこちゃんだと思います!

私はわんことにゃんこと暮らしました。みんなに、もっと十分な事をしてあげられたのではないかといまだに後悔していますが、またいつか私を必要としてくれる子が現れたらその時は精一杯お世話したいと思ってます。
わんこもにゃんこも無償の愛で慕ってきますよね?一緒にいた時間、ダイヤちゃんはサツコさん達が本当に大好きだったと思います。

素敵な幸せをわけてくれて、
ダイヤちゃん、ありがとう。
サツコさん、ありがとう。
2013/10/08(火) 01:27:56 | URL | また子 #- [ 編集 ]
無理せずに・・。
私も今年6月に白血病で亡くなった
たまに今も語りかけてます。
答えは見つかりませんが・・。

サツコさんは今の自分が出来る事は
すべて頑張ってやっていたと思います。
(偉そうに、すみません)
だから後悔はしても自分を責めないで下さいね。

ダイヤちゃんに注いだ愛情
ダイヤちゃんに伝わってますよ。
また気持ちの整理がついた時には
里親募集中の猫さんに
手を差し伸べてあげて下さいね。

2013/10/08(火) 07:58:30 | URL | みかさ #Q7XqT1zA [ 編集 ]
サツコさん、お疲れ様です。
あまり自分を責めないでね。
介護って大変です。
特に回復の見込みの少ない病人の介護は、気が滅入って悪いこと考えたり、イライラしてしまう事があると思います。
介護し遂げたこと自体が、とても偉いよ。

ダイヤちゃんの写真ステキですね。
パパ君、ママちゃんと一緒に、家族の写真ですね。
ダイヤちゃんはサツコさん達の一人娘ですものね。

私、笑われちゃうけど、魂は生まれ変わると信じてるんです。(信心深くはないんですけどね(^^;))
きっと、自分を大事にしてくれた人のところに戻ってくるんじゃないかな。
また、ニャンコかもしれないし、もしかしたら元気な人間の女の子だったりしてね。

今はつらいけど、またステキな出会いが待ってるよ。
2013/10/08(火) 09:55:29 | URL | とらじろう #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/08(火) 17:21:02 | | # [ 編集 ]
ありがとうって言える日は必ず来ます。
コメントに初めて書かせていただきます。
サツコさん、お疲れ様でした。
愛情が深かった分今は本当に辛いかもしれませんが、辛くてもこうやってブログで公開できるなんてそれは本当に素晴らしいことだと思います。

私も2ヶ月半の介護の後にチビ太を失ってから8ヶ月が経ちますが、あの時こうしてあげれば良かったのかもとか思います。
今だに後悔していますし、懺悔だってしています。「チビ太ごめんね」という言葉は出てきます。
でもね、それと同時に「チビ太ありがとう」って言葉も出てくるようになりました。

ダイヤちゃんの写真、大好きなママちゃんを見上げてとても可愛いです。信頼関係がないと猫さんはあんなに可愛い顔をしてくれませんから。だから、心配しなくてもダイヤちゃんはサツコさんの子になって良かったのだと思います。

なんか上手く言えませんが、かけがえのない日々は薄れることはありません。ダイヤちゃんのことをゆっくりと振り返る時間が、これからのダイヤちゃんとサツコさんにとって、とても大事な時間になると思います。

今は、辛ければ気が済むまで泣きましょう。
それが一番です。
2013/10/08(火) 23:00:58 | URL | チビ太の泣き虫パパより #D4zl0nFc [ 編集 ]
ダイヤちゃん、よく頑張りましたね・・・。
サツコさんも、パパちゃんも、たくさんの愛情でダイヤちゃんを見守ってくれて、ありがとう。

どんな逝き方をした子に対してでも、後悔はあります。私も白血病キャリアの子に、リンパ腫を発症させてしまいました。保護時から腎臓も心臓も問題のある子だったのに、ケアが足りなかったと後悔しています。今でも、いつまでも、後悔し続けます。だけどそれは、戒めでもあり、愛情の裏返しでもあるから・・・忘れないよ、ずっと大好きだよ、ごめんねという気持ちでもあるから・・・あの子を思い出すときは心が痛む自分でいたいです。

ダイヤちゃんはサツコさんのおうちの子になって、幸せだったと思います。これだけは「間違いだったかも」という後悔はしないで下さいね。
2013/10/08(火) 23:09:06 | URL | しいら #tM2r3myg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック