ダイヤのよーに。
我が家のにゃんこ達の記録です。時々育児とかタワゴトとか。
パール誤飲で手術・入院

胃腸炎が治った矢先、
パールが誤飲によって手術・そして入院する事になりました。



事の発端は、この紐です。
IMG_8198 (400x301)

人の身長ほどある長さで、「これは飲み込んだりしないだろう」と
パールの夜遊びのお供として猫部屋に置いておりました。

しかし、ここ2日くらいその紐が見当たらなくて
「どこかに隠したか、家具の下にでも入っちゃったのかな?」程度に思っていました。



早朝3時半頃、旦那が仕事から帰って来て
しばらくした時に呼ばれて様子を見に行くと、
パールの口から紐が半分の長さほど吐き出されていました。



苦しそうな感じはそこまでないものの、
紐をちょっと引っ張ると暴れて逃げたり
さらに吐き出そうとえずいたりするので
深夜対応している動物病院に電話で相談をしました。

「紐が胃で留まっているなら引っ張って出してあげて問題ないが、
 腸まで行ってると、引っ張ると腸に傷がついてしまうので危険
 そうなるとお腹を切って手術という事になる」

「話を聞く限り、一刻を争うような事態ではなさそうなので
 行きつけの病院が開くのを待つか、今ここに来るか
 ちょっと考えてみて、来るようであればまた連絡を」

との事でした。



そうは言っても、行きつけが開くまで6時間くらいあるし
早くなんとかしてあげたいと思ったので
深夜診療に駆け込むことにしました。

4時頃病院に着いて、パールに鎮静剤を打ち
胃腸のレントゲンを撮っていただきました。
レントゲンには紐は写らないので詳しくは分からないが、
腸の形に異常があるので
おそらくここまで行ってしまっているとの診断でした。

手術でお腹を開ける他なく、今ここでやってしまうか
行きつけの病院でやってもらうかを問われ、
やはり早い方がいいと思い、その場でお願いしました。



手術が始まったのが5時頃、終わったのが7時頃でした。
そして容体が落ち着いたので面会どうぞと通されたのが7時半頃。

術後のパールに会う前に、手術内容の説明を受けました。

やはり腸まで紐が行ってしまっていて
腸を少し切開したら紐はスルスルと抜けたので切った面積はさほど大きくないが、
本来チューブのような形の腸が蛇腹状になって炎症を起こしている状況で、
(蛇腹状の腸の写真を見せていただきました)
炎症起こしている腸の縫合をすると、腸が閉塞する事もあるため
1ヶ月程度は流動食や柔らかい缶詰などを与える事になるそうです。

そしてパールの様子を見に行くと、
ビビってるようではありますが落ち着いてはいるので安心しました。
3日~1週間程度、入院する事になっています。





「こんな長いもの、絶対飲み込まないだろう」
という気持ちが甘かったと思います。
「こんなものを飲み込んだら大変な事になる」と
意識を切り替えないといけませんね。

旦那が帰って来たタイミングで発覚して、
すぐ車を出せたのが幸いでした。

ひどい目に遭わせてごめんね、パール。

紐が大好きで、ひとりの時も遊びたいのは分かるけど
使ったらしまうようにするね…

また面会に行くから待っててね。



パールがいなくて、ルイも寂しそうです。
仕事中、ひとりのお留守番が寂しかったらしく
帰宅したらすごいアピールしてました。

ルイも寂しい思いさせてごめん。





二度と誤飲が起きないよう気をつけます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ふぅぅ~
お母さんは決して自分を責めないように。
事故なんですから。

なによりパールちゃんは生きてるよ。
パールちゃんは全てを乗り越えたのよ。
あなたの側に居たいのですよ。
強い子。良い子良い子。

ちゃんと治療してもらって
あとは元気になるだけだから
『お帰り!おいしいの食べる?』とお迎えしてあげましょう。

そうそう。
入院中はお母さんの匂いがする物を置かせてもらうと安心できるかもねw
2015/04/22(水) 22:50:51 | URL | にゃにぃ #- [ 編集 ]
無事手術が終わったようで安心しました

高尾山猫さんのぶなくんもいろんなものを食べてしまいます
ウチでもチュールのチューブを齧った猫がいて、どの子だかわからず、毎日ウンチチェック中です

昔、こどもの頃に、鼻に豆を入れて取れなくなった友達がいたけど、食べちゃいけないものを食べる、入れちゃいけないものを入れる、好奇心のなせる業でしょうか

パールちゃん早く退院できますように

2015/04/23(木) 00:02:10 | URL | てんてん #- [ 編集 ]
手術になってしまいましたが
大丈夫そうで何よりです。
早めに気づいて良かったです^^

まずは手で触ってみるコ、口で確認するコ、
色々なんですよね。我が家も部屋の中を
点検してみようと思いました。

パールちゃんが早く帰って来ますように!
2015/04/23(木) 15:40:25 | URL | ぶーちゃん #rkd4Vjqo [ 編集 ]
何はともあれ
うわわ、大変だったんですね。
サツコさん冷静に書いていらっしゃるようですが
手が震えてしまったでしょうね。
気がついてあげられて、よかったーーー!
ネコは大人になっても人間の3歳児くらい要注意ですもんね。
私も家の中に落ちてるいろんなモノに
気をつけなくちゃ。
9947
2015/04/23(木) 19:28:14 | URL | にゃお #flfRaTew [ 編集 ]
まさかパールちゃんが!とびっくりしました。
うちは布食い王子がいるのでとても他人事とは思えません。
気づいてから、そして手術が無事に終わるまで、心臓がバクバク、胃がキリキリだったのではないでしょうか。
早めに気づいて幸いでしたね。
順調に回復することを祈ってます。
ルイちゃんもしばらく寂しいでしょうけれど、
元気で待っていてね。


2015/04/23(木) 22:08:53 | URL | 高尾山猫 #6shvA7v2 [ 編集 ]
皆様ご心配・ご声援ありがとうございます。


>にゃにぃさん

防げた事だと思うと、やっぱりやりきれないです。
本当に頑張って乗り越えてくれました、
そして今も寂しい中頑張ってくれてます。
とびっきりのおいしいのでお迎えしなくちゃ!
(おいしい流動食…?)
匂いのするもの…何か置けるものがあるか探します。


>てんてんさん

チュールの袋の欠片を食べちゃったのでしょうか?
綴じしろあたりは傷がつくかもしれませんね…
好奇心によって巻き起こる思いもよらない事は
楽しくもありますが、危機も伴いますね。
(豆を鼻の穴に…それは私ですorz)
早く回復してお迎えできると良いです!


>ぶーちゃんさん

吐き出してくれたから気づけたものの
もっと深い所まで行ってたらと思うとぞっとします。
パールはいろんなものを見つけてくるので
気をつけないといけませんね…
早くおうちで安心させたいです。


>にゃおさん

病院に相談する前はオロオロしてしまいましたが
先生の話し方から「切羽詰まった状況ではない」と分かって
ちょっと落ち着きを取り戻しました。
(とはいえ、早く何とかしたいと判断して駆け込みました)
思いもよらない事をするのが人間の子供と動物ですものね。


>高尾山猫さん

ぶな君も、気に入ったものは口に入れてしまうんですね。
心配はしましたが、きっと大丈夫と信じていました。
でも待っている時間はとても長く感じました…
順調に元気になって行ってほしいです。
ルイも寂しいお留守番を頑張っています。
2015/04/24(金) 02:00:13 | URL | サツコ #TstBIVh. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック